銀行系カードローンの特徴

銀行カードローンは、低金利で借りられる!

カードローンには、銀行カードローンと消費者金融など銀行以外が提供しているカードローンの2種類があります。どちらも融資限度額を借りることができ分割返済していきますが、大きな違いは金利です。銀行カードローンは、消費者金融などに比べて低金利で借りることができます。金利が少なければ、その分支払う利息分も少ないでしょう。よって、月々の返済額が少なくなり、借りている人の負担が減るのです。例えば、銀行カードローンの金利は、約1.8%~15%以内になっています。消費者金融などのカードローンでは、約3.0%~18%です。どのくらいの金利になるかは借りる額や金融機関でも異なりますが、全体的に銀行カードローンの方が低くなると言えるでしょう。

銀行カードローンは契約極度額が設定できる

銀行カードローンは、契約極度額を設定できる機関もあります。消費者金融などのカードローンでは、最大500万円までなど上限額があるでしょう。しかし、銀行カードローンで契約極度額を高くすれば、1000万円など借りられる額を高くできるのです。そのため、大口融資を希望する場合は、銀行カードローンの方がいいでしょう。しかし、銀行カードローンの特徴で審査が厳しいというのもあります。金利が低く、契約極度額を大きくできるため、しっかりとした審査をされるのです。銀行カードローンは融資をするにあたって、決められた期間で返済できる可能性が高い人を対象にしています。就職や資産状況によっては、審査に通らないこともあるのです。