申し込みから契約までの流れ

自宅にいながらにして利用可能

ローンといえば、以前は銀行や消費者金融会社等の窓口に直接出向いて利用申込みを行うのが一般的でした。しかし現在では、近隣に営業店舗がなかったり窓口の開いていない時間帯でも手続きができるようなサービスが普及しています。
カードローンはカードを発行してもらうことで全国のATMから借入金を引き出せる便利な金融商品ですが、多くの事業者がインターネット経由での申込を受け付けています。24時間いつでも、自宅にいながらにして利用手続きができるようになっています。
具体的な利用方法は事業者ごとに異なりますが、おおよその流れは共通しています。必要な書類を用意しておけばすべての手続きがウェブのみで、しかも最短でその日のうちに完結します。

証明書類は写しを提出

インターネット経由でカードローンを利用する場合、まずは各事業者のホームページに用意されている申込フォームに氏名や住所、年収等の必要情報を入力し、送信します。すると仮審査が行われ、結果がメールまたはサイト上の指定ページ上で通知されます。
仮審査にパスすれば、今度は本審査となります。本審査には運転免許証等の身分証明書類が必要となります。また、利用希望額が一定額以上の場合は、源泉徴収票等の収入証明書類も必要です。それらの写しをメールに添付したり、サイトからアップロードしたりすることによって提出し、本審査の結果を待ちます。
本審査にも合格すれば、メールまたはサイト上のガイダンスに従って、契約手続きに進みます。この手続きが済むと申込者はカードローン会員となり、借入れが可能になります。カードは後日自宅あてに送られてきます。